2012年05月14日

パソコンを操作するときの姿勢

最近、姿勢を正しくすることの大切さを感じました。

しばらく前から、自分の体の上半身の向きと下半身の向きが
ずれている。

下半身がまっすぐ前を向いているときに、
上半身は、左斜め前方を向いているのですね。

歩いているときでも、その傾向にあることに気付きました。
そしてやたらと右の後ろ側の腰のあたりが凝るんです。

----
最近、その原因らしきことにようやく気付きました。

私は、パソコンラックのテーブルにディスプレイ、キーボードにマウス、
そして、引き出し式の棚を手前に取り付けて大学ノートを置き、

パソコン操作や、大学ノートへの記入やら内容の確認とを並行しながら
作業を行っています。

何が原因(悪い)か?
ディスプレイ、キーボード、マウス、大学ノート、
それぞれの配置が良くありませんでした。

まず、ディスプレイの位置が身体の正面に対して、右にずれていた。
キーボードの位置が身体の正面に対して、左にずれていた。

haichi01.jpg

これは、それぞれ理由がありました。

 ・ディスプレイの左側に、書見台を置いて、
  本を見ながら作業できるようにしていた時期がありました。
  ディスプレイを右のほうに、本の幅一冊分ずらさざるを得なかった。

 ・キーボードの右側にマウスマッドを置き、そこでマウス操作をします。
  パソコンラックのテーブル上にマウスパッドのスペース(20cm四方)を確保するために、
  キーボードを左側にずらさざるを得なかった。

気づいてみると、ディスプレイの中心線と、キーボードの中心線の位置が
20cmほどずれています。

この配置で、作業するためには、身体は左斜めの向きに座り、
上半身を右に少しねじるようになるんですね。

それを数カ月続けていました。自分でも冷や汗が出るおもい。。

ディスプレイ、キーボード、マウス、大学ノートの配置を変えました。
haichi02.jpg

マウスパッドがテーブルから右にはみ出すので、
下敷きをあてがいます。(これは暫定処置で今後改善予定)

ついでに、書見台も復活させて
左横にある、CDラックの上に置いてみます。

全体図です^^;
haichi04.jpg

少なくとも、新しい配置では、キーボード操作をするためには
姿勢を正しくする必要があり、背筋も伸びるので、悪くはないと思います。

しばらくこれで様子を見ますわーい(嬉しい顔)



---
レノボGシリーズノートパソコン

posted by aishida2 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC利用の工夫 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク このサイトの記事一覧がご覧になれます>
⇒ここをクリックしてどうぞ