キーボードの文字再生法

価格の安いキーボードのキーに印刷されている文字は、
文字通り、印刷されているようで、何度もタイピングしているうちに、
文字がはげてしまいます。

特に、S、K、M、N。
最後は、まるで見えなくなってしまいました。

ブラインドタッチできるとはいえ、
最初に手の位置を決めるときに全然見えないのは不安です。

そこで、白い文字なので、引出しに合った修正液で
文字を書きます。

3998.jpg


これがうまくいかないんですね。

押しつけないと液が出てこないんですが、
キーに押し付けると、キーが引っ込んでしまいます。

一発勝負で書くと、MだかNだかわけがわからない。

で、しばらくキーを打っているうちにすぐにはげてしまいます。

キーのサイドに書き直して、しばらく使っていました。

--
そのうち、家内が、シールを買ってきました。
色とりどりのきれいなシールです。

3971.jpg

これを張ってみましたが、シールが半透明なため、
下地の黒に負けて、文字が全然見えません。

--
そこで、一計。


「下地を白くすればいい」
キーの情面に適当な広さに修正液を塗り広げます。

乾いたところで、シールを張りました。


3942.jpg

3975.jpg

--
しばらく使っていますが、
シールの厚みのおかげで、指が修正液に触れないため、
修正液がはげることはありません。

また、指で、シールをその都度押すために
シールがはがれることもありません。

なんとなく問題なさそうです^^;;

シールが210円でしたので、キーボードを買い直すよりは
安上がり!!


お試しあれ! 

真似をする人なんていないか!?


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク
全記事一覧