2016年12月30日

Windows10付属のバックアップツールを使う(2)

前回の記事からの続き

朝の10時開始で、バックアップの設定をしておいたんですが、この日は9時前から外出。パソコンの電源は切ってあるので、バックアップはされませんでした。

夜の11時過ぎから手動で開始して、翌朝パソコンの画面を確認すると、”バックアップ作業が失敗しました”
履歴を見ると、

ファイルバックアップは履歴が更新されていて成功です。

エラーは”システムイメージの作成失敗”エラーコードが、0x8078014B
バックアップの保存場所にディレクトリ作成中に、エラーが失敗しました。

このコードでネット検索すると、ディレクトリごとよそにコピーしなさいとかいうわけのわからない回答。

エラーコードをさらに調べると、
アクセスが拒否されました(0x8007005) このフォルダにアクセスする許可がありません。
ということが根本原因のようです。

これへの対処方法として2つのことをやってみました。

ひとつが、
エクスプローラでシステムイメージが保管されている外部HDの、WindowsImageBackupフォルダを右クリック、プロパティ、セキュリティタブをクリックしてみると、

Users(xxxx\Users)のアクセス許可が限定的になっているので、編集キーを押して、フルコントロールの許可を与えます。

もう一つが、
WindowsImageBackupフォルダを左クリックすると、「権限がありません。継続しますか」といったことを聞いてくるので、OKする
というものです。

どちらかが有効だったのかよくわかりませんが、システムイメージの作成は1時間余りで完了しました。

ただし、もう一度実行すると、問題が再発するのかもしれませんが、まだ試していません。

今日のところはここまでです。

posted by aishida2 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | windows10 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク このサイトの記事一覧がご覧になれます>
⇒ここをクリックしてどうぞ