2016年07月12日

Windows10に変えました

マイクロソフトのOSをWindows8.1からWindows10に変えてから何か月か経ちました。問題は特に感じていません。CDプレイヤーのアプリがついてなかったので、少し戸惑ったくらいです。そのほかのアプリは8で動いていたものはそのまま動きました。OpenOfficeとか、PhotoScapetoka,SIRIUS,楽丸も何となく動いてます。

パソコンを使う腕で基本の、ファイル管理用のExploreが動かせれば不自由を感じることはありません。

8で不自由だったシャットダウン操作が、アイコンからの選択に戻ったので、マウスを画面の右下でイライラとしながら動かす不便がなくなったのが一番うれしいかな。あれは毎度毎度なかなかシャットダウン画面に映らなくて、かなりストレスがたまりましたから。

よほど古いアプリを使い続けなくてはいけないなどの事情がない限りは、Windows10を試してみて慣れるのも一つの選択肢かもしれません。

無償でアップグレードできるという触れ込みだったのがちょっと疑わしい感じがして、おっかなびっくりでしたが、もうマイクロソフトにおんぶにだっこですから、最後まで付き合うしかなさそうですし。メーカーの希望に合わせてあげることもユーザーには必要なことかもしれません。


posted by aishida2 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

windows8.1でホームグループに参加するのはやめたほうがいい

パソコンを買い換えたりした時に、
古いパソコンからデータを大量に移す作業があります。

USBメモリーにデータをコピーしてせっせと移す方法もありますが、
ホームグループを利用する方法があります。

家庭内のLANに接続されているパソコンに
”ホームグループに参加”という設定にしておくことで

それぞれのパソコンのデータを”共有許可”にしておけば、
データを容易にとってきたり、移すことができます。

これはとても便利です。

でも作業が終わったら、
ホームグループへの参加をやめる設定に直しておきましょう。

なぜかというと、パソコンの動作がとても遅くなるからです。

どういう仕組みなのか私にはよくわかりませんが、

「サービスホストローカルシステムネットワーク制限付き」

などといったタスクがやたらと頻繁に動作を繰り返して、
CPUの使用率を上げたり、メモリーを消費してしまうからです。


私は一度このことに気づき、ホームグループの参加を取りやめていたのですが、
いつの間にか、参加の状態でパソコンを使ってました。


昨日、パソコンを立ちあげたときに、動作がやけに遅くなっているのに気がついて、
いろいろ調べたんですけど、なかなかなおりません。

・最初は、起動時に自動的に立ち上がるアプリを無効にしました。

・Windowsアップデートを最新の状態にしました。

・ウィルスに感染したかと思い、Windows付属の
Windows Defenderのスキャンのオプションを「フル」に設定して
スキャンを実行。これが実に5時間もかかりました。

1つだけ怪しげなソフトが検出され、それを削除。
でも効果なし。

朝イチで初めて、既に夕方の5時。くたびれました。

もう打つ手なしかなと思いましたが、

”サービスホストローカルシステムネットワーク”のキーワードで、
もういちど、丹念にネットワークを検索。

1件だけ、”ホームグループの参加をやめる”という記事が見つかりました。
ここで、はたと思い出します。

前にも同じことがあった。

ホームグルームに参加する設定で使っていたこと自体を忘れてましたが、
パソコンの設定をみると、参加の状態になってます。

参加の設定を取りやめにすると、あっという間に不具合は解消。

CPU使用率も0から数%に落ち着きました。
今朝も問題ありません。

ストレスが解消されました。

あなたも気をつけてくださいね^^
posted by aishida2 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

2台目もWindows8にしました

2週間ほど前に、2台目も変えました。

Windows8.1のOSだけ買ってきて、
WindowsXPのパソコンをクリアインストールしようと考えました。

ところが、どうしても、OSのDVDの読み込みができなくて、
あれこれいじくるうちに、ハードディスクを壊してしまいました。

そこで、PCデポーに2度行って

結局は、パソコンのケースだけが生き残って、
中身は全とっかえという結末です。

マザーボード、メモリー、DVDドライブ、ハードディスク、電源
全部で4万5千円ほど。

全部新しくすると、パソコンのセットアップも
あっけないくらい簡単です。

「これでインストールが終わりなの!?」
と感じるくらい!!

家内は特に違和感なしに使えているようです。

とりあえずはめでたしめでたし。

posted by aishida2 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

慣れてしまえばWindows8も問題なく使えますね

メインのパソコンをWindows8にしてから、3か月くらい経つんでしょうか?

メインの画面から、デスクトップを立ち上げて、
つねにデスクトップ画面で、アプリケーションを利用するようにしているので、
ほとんどWindowsXPの時と、違いを感じることはありません。

パソコンの起動が早くなったのがありがたいです。

それと、ライブメール、
複数のメールアカウントを簡単に選べるのが、便利に感じるようになりました。

エクセルファイルも、Google Sheetsを使えば、基礎的なことができます。


今のところ、簡単なというか、基礎的な使い方しかしていないので、
Windows8は問題なく使えている気がしています。

もう一台のパソコンをWindows8にする必要があります。
これは家内が使うんですが、
どのように対応するか?

そろそろ考えないといけません。



posted by aishida2 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

パソコンにタッチパッド入力は必要か

WindowsXPからWindows8へ変わる大きな違いは、
入力方法にあると思います。

キーボードとマウス入力から
タッチパッド入力への変化ですね。

かんたんに言うと、
2本の手と10本の指での操作が、
1本の手と2,3本の指の操作に置き換わるわけです。

いいかえると、
これまでも2,3本の指で操作できていたアプリケーション
たとえば、

ゲームなどは、より使いやすく進化するでしょう。
インターネットのウェブサーフィンもそのひとつでしょうか。


一方、
これまで10本の指をフルに使えば、十分な成果を
上げられるはずのアプリケーション、
たとえば

ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス
いわゆるオフィスのアプリケーションの場合を考えると、

果たしてタッチパッドの利用が便利になるのかな?



最新のオフィスが出ていますが、

こういう観点で、どのように進化しているのかを
調べてみるのも面白そうです。

タッチパッド入力で、これらのアプリケーションが
今まで以上に便利に使えるのか?

それがわかれば、
パソコンにタッチパッドが必要かどうかの答えの一つが
見つかるように思います。

今回の記事は、問題提起で終わりです^^;;

posted by aishida2 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows8 | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク このサイトの記事一覧がご覧になれます>
⇒ここをクリックしてどうぞ