2017年06月07日

ファイル復元ソフトはファイルを間違って消してしまったときの用心に必要

大事なファイルを間違って消してしまった。ごみ箱にも残っていない。そういう時は本当に困ります。
ファイル復元ソフトという便利なツールがあって、フリーのもあれば有料のものもあります。

ここでは、EaseUS Data Recovery Wizardを紹介します。
2GBまでの復元だと無料体験版で対応できます。

以下の3つの手順で簡単に復元作業が可能というのが売りのツールです。
ステップ1:紛失したファイルの種類を選択してください。
ステップ2:ファイルの紛失した場所を選択してください。
ステップ3:プレビュー機能より、(ステップ3) 復元したいデータ及び保存先を選定し、復元されたデータを保存してください。

捜査自体はとても簡単です。
ただ、どんなソフト(ツール)でもいえることですが、わかってしまえば簡単なことでも、最初は何のことかよくわからないということがままあります。

あらかじめわかっておくという意味で大事なことが、そのツールが何をするためのものかを理解しておくことです。

ファイル復元ツールでは、パソコンのどのドライブにあるファイルで、そのファイルの名前と種類がわかっていることが最低限必要になります。

ドライブという意味。パソコンではCドライブという言葉を耳にしたことがあると思います。
ハードディスクでパソコンのいろいろなアプリケーションを動かすためのソフトウェアが収められていたり、テキストファイルや画像ファイルなどのデータが収められています。

Cドライブのほかにも後付でハードディスクを追加したり、USBメモリーをUSBのコネクタに接続したりすると、それぞれに*ドライブと名前が付けられて、パソコンで管理されます。

間違ってファイルを消してしまったり、それを復元したりするということに取り掛かるためには、そもそもそのファイルがどのドライブに収められているのかを理解していなければなりません。

慌てていると、このことがすんなり思い出せなかったりするものです。

つぎに、ファイルの名前とその種類について。
消してしまったファイルの名前って、けっこう憶えていないものです。
そういうときは、ファイルの種類でたどるしかない。画像ファイルとか、テキストファイルとか、それぞれ
ファイル名の後ろに、txtとかjpgとかついて区別されています。

こういったことを最低限理解しておかないと、いざ、ファイルを復元しようと思っても、何もできないということになりますので、意識して理解するようにしておきましょう。

さて、パソコンを使う場合では、万一クラッシュしたり、ファイルを復元するときのために、一台予備のハードディスクをつないでおくことが大事です。

その予備のハードディスクに、ファイル復元ソフトをインストールしておきます。

ファイルを消してしまったというときは、予備側のハードディスクからファイル復元ソフトを立ち上げて、本体のハードディスクの消してしまったファイルを探して、いったんは予備側のハードディスクにファイルを復元させる。この手順が一番確実なやり方になります。

ファイル復元ソフトといっても、ファイルを消してしまった直後であれば復元率はほぼ100%ですが、消したことを忘れて、ハードディスクにそのほかのファイルを書き込んだり消したりすればするほど、復元できる可能性が下がるということが事実なので、早期対応がとても大切。

こういった理解とあらかじめの準備をしたうえで、ファイル復元ソフトもインストールしておけば、万一の時に慌てなくて済みますよ。
posted by aishida2 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PC利用の工夫 | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

パソコンデスクのスライド棚を広く使えるように手直ししました

パソコンデスクに、スライド式の棚が
付いているものがありますよね。

キーボードを使う時にだけ引き出して使います。

私は、キーボードはモニターと同じテーブルに置いてますが、

いろいろと大学ノートにメモしたりしたいので、
キーボードの手前に大学ノートを置きたいのです。

そのためにスライド式の棚を使います。

購入したパソコンデスクには、
引出し棚が付いてなかったので、

棚は自分で後付けして、数年使ってましたが、
その間、不便な思いをしていました。

というのは、

棚を引き出せる長さが短くて、
大学ノートが棚からはみ出してしまうんです。

6839.jpg

ノートが手前にはみ出してます。

下にはみ出した部分に記入したい時は、
ノートを、引出し棚と上板にあいているすきまに押し込む。

上の部分を使いたい時は、ノートを下にずらす。

という手間をその都度かけていました。

すきまが狭いので、ノートがすきまに引っかかる。
手で引っ掛かりを押さえながら押し込む。

 ああ、自分で思い出しただけでも面倒!

6838.jpg


  考えてみると、結構バカにならない手間です。
  ズーと当たり前と思っていましたが・・・


けさ、ふとひらめきました。

「棚をもっと手前に引き出せるようにすればいい!」


これに気づけば、あとは簡単です。

棚を固定しているスライド用の金具の、
棚を固定している位置を変えればいい!

これまでは、金具の端と、棚の端の面が合っています。

6843.jpg


変更後は、金具の端よりも、棚の端が8センチほど手前に固定されています。

6855.jpg



それまでは、棚の幅いっぱいに金具を止めていましたが、
棚の位置を手前にずらして、金具を止め直せばいいんですね。

これまでの、金具と棚の位置関係。

6833.jpg


変更後の、金具と棚の位置関係。8センチほどずらしました。

6830.jpg



加工は簡単でした。それまで止めていた木ねじの位置を
左右それぞれ2か所はそのまま利用して、

さらに左右それぞれ2か所の穴を新しくあけ直すことで解決。
8センチメートルほど手前に引き出すことができました。

難点というか、こうすると、
棚をひっこめても8センチほど飛び出します。

でもたいして気になるわけでも邪魔にもなりません。


(反省)
この改善策に気付かなかったのは原因は、二つあります。

・大学ノートを置き直す手間を手間とも思っていなかったこと。

・スライド式棚は、使い終わったらスッポリしまうものだと思い込んでいたこと。

  思い込み、固定観念というものは、恐ろしいものです。


ちょっとした手間をかけるだけで、

作業スペースが400平方センチメートル広がりました! 
(棚の有効幅50センチ、掛けるところ、手前に延びた分8センチ)

6815.jpg


棚をひっこめると、少し飛び出しますが、

この飛び出したスペースのおかげで、
マウス操作時の手首サポーター(クッション)がそのままに。

これまで、いちいち片づけていましたが、片づけいらず、手間いらず。

思わぬ、副産物!?

6856.jpg

1回に付き数秒の効率化が、
積もり積もって・・・宝の山に・・・?

ならないか!(笑)


(参考情報)
市販品で、こういうものがありました。
リーズナブルな価格ですし、いろいろな使い方ができそうですね。



posted by aishida2 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PC利用の工夫 | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

ミニフォトスタジオを自作する

ブログや何かで小物の写真をアップするときに
自分で撮影するのに、なにかと便利なミニフォトスタジオ。

ネットで手頃なものが販売されています。
十分すぎるくらいですね。

ま、何でも自分で作ってみたい私としては、
とりあえず、チャレンジしてみるわけです。

段ボール箱とケント紙で自作した、
ミニフォトスタジオもどき?

5820.jpg

中古のビデオテープをオークションに出すときの
撮影用に使いました。

作ってみたのはいいんですけど、保管するのに
かさばるんですね。


そこで、ハサミを入れて、

5821.jpg


5822.jpg



5825.jpg


5826.jpg

ハイ、折りたたみ式になりました。

5827.jpg

これでは、このままゴミ捨て場へ直行かな!?


これの欠点は、光を上からしか当てられないことです。
サイドから光を通して、間接光が当たることが望ましい。
そのためには、半透明の仕切り板のほうが良いんです。

市販品は、そうなっています。

そこで、次のアイデアをあたためました。

半透明の段ボールというんですかね。
その素材を使えばいいわけです。

DIYショップに行って捜してみます。

90センチ x 180センチ のものが
1枚400円以下でありました。

思っていたより安い。上手く加工しないと
折れ曲がってしまいそうですが・・・

この板を切り取り、折り曲げ加工して、
マジックテープで留めるようにすれば、

ミニフォトスタジオ第2号ができなくはなさそう。

今回は、下見だけにしておきましたが、これからの
お楽しみです。


市販品はこちらです

 出来栄えはこちらが格段に良いですね。

 ⇒ 【撮影キット 撮影ブース】バックスクリーン4枚付属 折りたたみ式 撮影ボックス 60サイズ



posted by aishida2 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PC利用の工夫 | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

キーボードの文字再生法

価格の安いキーボードのキーに印刷されている文字は、
文字通り、印刷されているようで、何度もタイピングしているうちに、
文字がはげてしまいます。

特に、S、K、M、N。
最後は、まるで見えなくなってしまいました。

ブラインドタッチできるとはいえ、
最初に手の位置を決めるときに全然見えないのは不安です。

そこで、白い文字なので、引出しに合った修正液で
文字を書きます。

3998.jpg


これがうまくいかないんですね。

押しつけないと液が出てこないんですが、
キーに押し付けると、キーが引っ込んでしまいます。

一発勝負で書くと、MだかNだかわけがわからない。

で、しばらくキーを打っているうちにすぐにはげてしまいます。

キーのサイドに書き直して、しばらく使っていました。

--
そのうち、家内が、シールを買ってきました。
色とりどりのきれいなシールです。

3971.jpg

これを張ってみましたが、シールが半透明なため、
下地の黒に負けて、文字が全然見えません。

--
そこで、一計。


「下地を白くすればいい」
キーの情面に適当な広さに修正液を塗り広げます。

乾いたところで、シールを張りました。


3942.jpg

3975.jpg

--
しばらく使っていますが、
シールの厚みのおかげで、指が修正液に触れないため、
修正液がはげることはありません。

また、指で、シールをその都度押すために
シールがはがれることもありません。

なんとなく問題なさそうです^^;;

シールが210円でしたので、キーボードを買い直すよりは
安上がり!!


お試しあれ! 

真似をする人なんていないか!?


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
posted by aishida2 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PC利用の工夫 | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

パソコンを操作するときの姿勢

最近、姿勢を正しくすることの大切さを感じました。

しばらく前から、自分の体の上半身の向きと下半身の向きが
ずれている。

下半身がまっすぐ前を向いているときに、
上半身は、左斜め前方を向いているのですね。

歩いているときでも、その傾向にあることに気付きました。
そしてやたらと右の後ろ側の腰のあたりが凝るんです。

----
最近、その原因らしきことにようやく気付きました。

私は、パソコンラックのテーブルにディスプレイ、キーボードにマウス、
そして、引き出し式の棚を手前に取り付けて大学ノートを置き、

パソコン操作や、大学ノートへの記入やら内容の確認とを並行しながら
作業を行っています。

何が原因(悪い)か?
ディスプレイ、キーボード、マウス、大学ノート、
それぞれの配置が良くありませんでした。

まず、ディスプレイの位置が身体の正面に対して、右にずれていた。
キーボードの位置が身体の正面に対して、左にずれていた。

haichi01.jpg

これは、それぞれ理由がありました。

 ・ディスプレイの左側に、書見台を置いて、
  本を見ながら作業できるようにしていた時期がありました。
  ディスプレイを右のほうに、本の幅一冊分ずらさざるを得なかった。

 ・キーボードの右側にマウスマッドを置き、そこでマウス操作をします。
  パソコンラックのテーブル上にマウスパッドのスペース(20cm四方)を確保するために、
  キーボードを左側にずらさざるを得なかった。

気づいてみると、ディスプレイの中心線と、キーボードの中心線の位置が
20cmほどずれています。

この配置で、作業するためには、身体は左斜めの向きに座り、
上半身を右に少しねじるようになるんですね。

それを数カ月続けていました。自分でも冷や汗が出るおもい。。

ディスプレイ、キーボード、マウス、大学ノートの配置を変えました。
haichi02.jpg

マウスパッドがテーブルから右にはみ出すので、
下敷きをあてがいます。(これは暫定処置で今後改善予定)

ついでに、書見台も復活させて
左横にある、CDラックの上に置いてみます。

全体図です^^;
haichi04.jpg

少なくとも、新しい配置では、キーボード操作をするためには
姿勢を正しくする必要があり、背筋も伸びるので、悪くはないと思います。

しばらくこれで様子を見ますわーい(嬉しい顔)



---
レノボGシリーズノートパソコン

posted by aishida2 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC利用の工夫 | 更新情報をチェックする
このサイトの記事一覧がご覧になれます。わーい(嬉しい顔)
⇒ここをクリックしてどうぞ